2012年11月29日

癌を怖がらないためには

"癌の罹患率は3人に1人とい言われるほど、多くなっています。その半面、早期発見で完治してしまう人も多くいます。
今は、大腸癌であればかなりの確率で、完治しています。
でも、やっぱり、怖いのです。確立や統計で再発の確立が低くても、絶対ではないのです。
日本人にはまだまだ癌は、不治の病というイメージがついているのではないでしょうか。
癌の治療は、高額の治療が多いです。癌に限らず、治療が難しい病は、医療費は高いのです。
人生を自分一人で背負っているなら、すべて自己責任でいいと思います。
家族がいらっしゃる場合は、自分勝手ではいけないと思います。
癌であることを怖がって、病院に行くことをためらって、民間療法に頼って手遅れになり、癌によるつらさを一身に受けるのは、自分自身です。
予命は少ないかもしれませんが、癌の末期は想像に絶するくらい痛みとつらさが襲ってきます。
そうなってからの治療は大して効果がありません。
癌の末期はほとんど、痛みと苦しさの解放のための処方です。
人が冷静に自分の死を見つめる事は、たまにあっても実際にはただの想像にしか過ぎないので、それほど具体的に考えたりしません。
癌を宣告された時、癌から生還しても、癌の再発におびえてしまうのが人間です。
でも、こう考えでください。
他の人と違って、命が有限だということを、はっきり解らせてもらっている。
人が長く生きれる時間よりも短いかもしれないけれど、何が必要で何が大切なのがはっきりと解らせてくれる、きっかけが癌という病なのだと。
人は、なかなか有限の命の大切さ、自分のできること、望みなどは、日々の忙しさにかまけて考えることがありません。
残った、時間をどれだけ有意義に過ごすか、今からできることはどんなことがあるのか。内なる自分に向って考える事が出来る数少ないきっかけとなります。
癌にならずに、人生を全うされた人でも、これほどの事を考える事はないでしょう。
癌が死を導くことは、当然ですが、死は誰にでも訪れるものです。
有限の時間を提示されることは、自分も家族も大切にしたいと、再確認できることです。そして、未来へのメッセージと希望を託すことがどれだけ、大きな自分自身の使命だと気づかせてもくれるのです。
これでは、癌を怖がっているどころではなくなるのです。
それが解ると、人は強くなれます。
"
posted by ほけん君 at 19:21| がんについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

癌を克服した人々

"医学の発達もあってか癌を克服した人々も身近にみるようになりました。身内にも癌を克服して再発もなく暮らしている人も知っています。

しかし、癌を宣告されたときはその癌そのものの病気よりも心理的に打撃が大きくて落ち込んでしまう人がほとんどではないでしょうか。

死を意識するときだと思います。癌は克服できる可能性のある病気になりましたがまだまだ死亡原因の上位にあります。

最近では有名人や芸能人でも癌を克服してテレビに出たり、本を出したりしているのでカミングアウトもしやすくなって、また癌と闘った人たちの話を聞く機会も増えました。

こういった体験談は多くの癌患者の励みになると思います。私自身はまだ癌年齢でもなく癌も患ったことはありませんが、家族が癌を患うと自分まで心理的な衝撃を受けます。

そういった家族でもがん患者の闘病記は励みになるので多くの人に読んでもらいたいと思います。例え癌と縁がなくても癌患者の体験談は人生を改めて考えさせられて有意義に生きていこうと思わせてくれます。"
posted by ほけん君 at 00:00| がんについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

突然の別れでした

"友人をがんで亡くしました。

何年か前の春でした。

携帯に見知らぬ家電の番号からの着信がありました。

お風呂に入っているときに着信があり、出られませんでした。

留守電も入ってなかったので、間違い電話かな?と
思いましたが、市外局番が友人の家がある所と同じだったのが少し気になりました。

翌日の朝、同じ番号からまた電話がありました。

友人のお母様でした。友人が無くなった事を知らせてくれました。

私は、がんだったことを知りませんでした。

思わず、友人のお母さんに

「お見舞いに行きたかった」

と行ったところ、

友人も自分ががんに侵されることを知ったのは本当に最近で、その時には既に手遅れの状態だったそうです。

それでも、絶対に治すから誰にも言うな、と言われていて話せなかった、と。

お通夜で見た友人の顔はとても穏やかで綺麗でした。
髪もキレイに残っていて、眠っているかのようでした。

久しぶりに仲の良かった友人達にも会う事ができました。

悲しい再開でしたが、無くなった友人がなかなか会えなくなってしまった私達をまた引き合わせてくれたのかもしれません。"
posted by ほけん君 at 00:00| がんの体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

37歳にして始めてがん保険に加入です

"37歳の独身サラリーマンです。
実は今まで損害保険には加入してましたが、生命保険には加入したことがなかったのですが、37歳の誕生日を機にがん保険に加入することにしました。

理由は簡単なんですが、母が以前にガンになったことがありちょうどそれが10年前のことで、ガンについて良く考えてみるとガンが発症してからの生存率もかなり上がっているようですし、良く考えてみると、基本的に私は独身なので、死亡保険のニーズはあまりないのですが、ガンに関しては発症してしまうと、必ず治療をしないといけないですし、治療をすれば生き残る可能性が非常に高いのです。

そして生き残ってしまうと、後から治療費が大量に発生するという怖い状況が待ってますので、その状況を避けるためのがん保険の加入でした。

結果月間でいうとほとんど負担を感じないくらいの保険料でそれなりの安心を得ていますので満足してます。

進められた先進医療の特約にも加入しましたのでかなり高度な治療も受けられそうですので、ガンにはなりたくないですが、ガンになってもそれなりに安心です。"
posted by ほけん君 at 00:00| がん保険に加入した理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

早期発見・早期治療が鍵

"癌は今や日本人の3人に1人がかかる病気です。その癌に命を奪われないようにするには早期発見・早期治療が最大の鍵となります。
癌は進行度によってステージ1から4に分類されます。
ステージ1は最初に癌が発生した臓器に留まっている状態。
ステージ2はリンパ節に転移した状態。
ステージ3は隣接した臓器に浸潤した状態。
ステージ4は離れた臓器に転移した状態。
ある調査によると、ステージ1での発見では5年後に存命している割合が80%、ステージ4の場合は10%となっています。発見するタイミングによって存命率が大きく違ってくることがわかります。
早期発見のために、少なくとも年1回の定期健診を受けるようにしましょう。どうせ結果は毎年同じ、受けるだけ時間の無駄、という考えは危険です。癌は進行性の病気で放置しては直りません。発症が今見つかるか、来年見つかるかで存命期間が大きく違うのです。
胃がん検診は、前日から食事を控え発泡剤やバリウムを飲んで苦しい思いをします。乳がん検診のマンモグラフィーも痛みが激しいと言われています。受診は楽ではありませんが一時の我慢。ご家族のためにも積極的に受けるようにしましょう。"
posted by ほけん君 at 00:00| がんについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

癌にならないために

"昨年、私の母は乳癌になりました。発見されるまでは特に違和感も何もなく、普通に生活していました。発見に至ったキッカケは、マンモグラフィの検査を受けたことです。

近くにマンモグラフィの検診車が来るということで、親子で申し込みをしました。私は異常なしでしたが、母は再検査が必要だという結果が届きました。
後日、さっそく地元の大きな病院へ行って、様々な検査を行いました。その時点の結果としては、その細胞はまだ癌であるとは言い切れないとのことでした。しかし、いつか癌細胞となることを恐れ、早めに摘出することにしました。その細胞をがんセンターで検査してもらったところ、やはり癌であったとの連絡を受けました。

先祖も癌だったので癌家系であるとは思っていましたが、今回は早期に発見できたのが良かったと思っています。私はマンモグラフィを受けたのは初めてでしたが、母は2年ほど前に受けていました。その時には異常はなかったので、この短期間の間にあっという間に癌細胞ができてしまうことの恐ろしさを改めて実感しました。

生活習慣病と言われるくらい生活に関わっている病気は多いので、少しでも自分で防げる病気ならば生活習慣(食事の改善や適度な運動)を見直さなければと思いました。また、定期的な健康診断も心がけていきたいです。"
posted by ほけん君 at 23:48| がんの体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

来店型の保険ショップは気軽に相談できました

"ガン保険の新規の加入を検討した際に、保険ショップでファイナンシャルプランナーに相談しました。
各社の資料を読んでも、それぞれの商品の違いがよく分からず、一度に話が聞ける保険ショップに行く方が早い、と判断したからです。

結論としては、相談して良かったと思いました。
契約を勧められるのでは、と心配していましたが、無理な勧誘はなく、その場で契約しなくても引きとめられることはありませんでした。

ただ、相談する前には準備が必要だと感じました。
私は現在加入している保険内容を確認し、どの程度の補償が欲しいのかといった希望を考えて行きました。
いくつか候補の保険商品をリストアップし、その保険会社の格付けも調べました。
ある程度勉強してから行ったので、話はスムースに進みましたが、ただ漠然と「保険に入りたい」とだけ思っていると、具体的な契約の話までは進まないような気がします。

長所は無料でプロの意見が聞けることと、最新の情報が得られること。
短所は担当する人によって知識や経験が違うので、あたりはずれがあることでしょうか。

とっつきにくい印象があるかもしれませんが、相談してみると勉強にもなるし、保険やお金のことを考えるいいきっかけになりますよ。"
posted by ほけん君 at 13:09| ファイナンシャルプランナーへ相談しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当に親切で誠意のある担当者の方でした

"私は主人の生命保険への加入についてファイナンシャル・プランナーの方に無料相談をして頂きました。
今まで月々3万5千円もの保険料を支払っていたのですが、会社が倒産して保険料が払えなくなり、一気に解約してしまいました。
子供がまだ幼稚園だったので保険には入って貰わなければと思っていたところに話がきて、すぐに申し込みました。
担当者の方は完全に地元の人で、やはりお子さんもいらっしゃって息子と同じ幼稚園を卒業していると聞き、一気に信頼感が湧きました。
こちらの要望は、「月々1万円程度」でしたが、かなり無理なことを言ったにも関わらず、きちんとデータを準備してくれたことに驚きました。
なんと本当に9千円台で、子供が18才になるまでカバーできる最低限の保障を付けてくれたのです。
保険会社は「NKSJひまわり生命」です。
説明の仕方もとても丁寧で押しつけがましくなく、決して強要しないのでとても気持ち良く話しが進みました。
考える時間が欲しいというと、1ケ月も時間をくれました。
これからFPへの相談を考えている方がいたら、迷わず是非してみることをお薦めします。
本当に誠意のある方で、感謝しています。"
posted by ほけん君 at 13:09| ファイナンシャルプランナーへ相談しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚後の家計のシミュレーション

"結婚後の家計のシミュレーションをフィナンシャルプランナーにやってもらう機会がありました。

家を購入する際、不動産屋さん経由で保険会社の無料サービスで相談することが出来たからです。

主人と私のお給料から固定費など色々な使い道のお金の額を予想してもらいました。

別々に暮らしていた時より安くなるものもあれば、高くなるものもある。
節約できるもの、出来ないもの。
今はいらないけど近い将来必要になってくるお金のことなど、
私達2人では予想のつかなかったことをしっかりと教えていただきました。

第三者に客観的に整理してもらう機会なんてほとんどないので、フィナンシャルプランナーに考えてもらえて本当に助かりました。

夫婦間でちょっと言いにくいことも間に入って言ってくれたし。

ローンもこれくらいに留めれば無理なく暮せるとわかり、ホッとしました。

無料で相談できたのはとても運が良かったのですが、お金を払ってもフィナンシャルプランナーのアドバイスと言うのは受ける価値が大きいと実感しました。

また生活が変わったり何か相談することがあれば、今度は有料でも利用したいです。"
posted by ほけん君 at 13:09| ファイナンシャルプランナーへ相談しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファイナンシャルプランナーに相談してみました

" 数年前の話ですが、ファイナンシャルプランナーに相談した事があります。
雑誌に載っていた、ファイナンシャルプランナーのセミナーに、友人と2人で参加したのがきっかけでした。
そのセミナーでは、年金や、保険の事について、説明がありました。
そして、そのセミナーに参加した人のみ、無料で相談できるキャンペーンがあり、保険などを売り込む事はないと言われたので、興味のある友人と2人で行ってみました。

 まず、相談には、自分が掛けている保険内容が分かる書類と、1ヶ月の大まかな収支明細メモ、大まかな貯蓄額を書いたメモなどを持ってきて下さいと言われました。
 相談では、それぞれ個室に通され、丁寧にお金に関するアドバイスをもらえました。一ヶ月の収支を見て、無駄な点も指摘してくれ、それまで掛けていた保険の1種類が無駄であると分かりました。
 
 また、お金を増やす方法として、掛け捨てではない、幾つかの保険会社が販売している貯蓄型の保険や、銀行の定期預金を紹介されました。あくまでも、アドバイスというスタンスの為、契約するしないは自由で、売り込まれたりはなく、安心して話を聞く事ができ、色々と勉強になりました。
 また機会があったら、ぜひファイナンシャルプランナーに相談してみたいと思います。定期的に相談して、客観的にプロから家計をチェックしてもらうと、良いのではないでしょうか。"
posted by ほけん君 at 13:08| ファイナンシャルプランナーへ相談しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。